インビザライン マウスピースの個数が多い理由を考えてみた。

2015年5月から始めたインビザライン。
2019年5月くらいには終わる予定。

 


かかった期間は約4年
マウスピースの個数はなんと154個

 

こんなに多い方っています??

もともとの歯並びはそんなに悪くないと思っていたのに、こんなにマウスピース作りました。

 

というわけで、マウスピースが多くなった理由を考えてみました

先生や衛生士さんに聞いた話や自分で考えたことを書いています。
正しくないこともあるかもしれませんのでご了承下さい。

 

マウスピースの数自体は多いですが、きちんと装着はしているので、進みが遅いことでの期間は伸びてはいません。

 

 

マウスピースはトータル154個

最初に作ったマウスピースが
全部で99個。そのうち94個まで使用。
追加が60

ネットで調べたり、通っている歯医者の衛生士さんに聞いてもそんなに多い人はいないと言うことでした

 

 

154個になった理由を考えてみました

マウスピースが154個になった理由を考えてみました。
個人の意見なので違っていることがあるかもしれません。

  1. ねじれていたり、横向きになっている歯があると時間がかかる
  2. 歯の間隔が詰まっているので時間がかかっている
  3. 先生の方針もある?

 

 

1、ねじれていたり、横向きになっている歯があると時間がかかる

これは歯科衛生士さんに言われました。
歯が横向きになっていたりねじれていたりすると、

 

まず周りの歯を動かして、
ねじれている歯を正しく並べるためのスペースを作り、
それからねじれている歯を正しい位置に持っていく

 

ので、時間がかかることがあるそうです。
パズルみたいです。

 

元の歯並びはこんな感じ


下の奥歯ががねじれて生えています。

歯と歯の間の感覚もあまりない。

 

 

2、歯の間隔が詰まっているので時間がかかっている

1番とも関連してきますが歯の間が詰まっていると、歯を正しく並べるためのスペースを空けるための時間かかるようです。
親知らずを抜いただけなので、歯を少しずつ親知らずが生えていた奥のスペースにずらしいていき、全体の並びを整えていく感じでした。

 

前歯がガタガタだったので、それをきれいに並べるスペースを作るため、全体を後にもっていくのに時間がかかっているようです。
親知らず以外も抜いて歯を並べるスペースがある場合は、短い期間でできるのかもしれません。

 

 

3、先生の方針もある?

インビザラインは歯型のデータを取ったら、それをアラインテクノロジー社に送ってマウスピースが出来上がってきます。
なので歯医者の先生は歯型をとって送るだけで、治療の計画などは関わっていないと思っていたのですが、関わっているのかも?

最初のマウスピースを作るときに、『ゴムはなるべくかけたくない』って言う話をしたら、最初に届いた99個のマウスピースはゴム無しで進みました

なので、アラインテクノロジー社にその事を伝えていたんですかね?
どうなんだろ。

 

結果進むの遅くてマウスピースがこの数なら最初からゴムありでよかったな(^◇^;)

 

マウスピースが多くなった理由として思ったのはこの3つでした。

  1. ねじれていたり、横向きになっている歯があると時間がかかる
  2. 歯の間隔が詰まっているので時間がかかっている
  3. 先生の方針もある?

 

 

 

マウスピースを比べてみた

マウスピースを比べてみました。

記念すべき1番のマウスピース


1番の袋は歯医者で捨てられちゃいました。

前歯の並びがガタガタで奥歯は斜め向きに生えています。

 

 

そして98番のマウスピース。99番は貰わないで終わりました。


これは並びが綺麗

 

比べると

上の歯

 

 

下の歯

98までもらって実際使ったのは94まで。

 

そこからさらに60個追加になった(記事はこちら)のですが、99までそのまま進んだらダメだったのか??

それはそれでいい気がしますが、まぁいいや。

 

60個追加って7日交換でも、1年以上伸びたからダメージ大きかったけど、もうダメージ乗り越えました。

 

 

今50/60なのであと少し頑張ります。

コメントを残す