伊香保温泉 岸権旅館に行ってきました! 口コミはいいですが果たして・・

2018年6月の土曜日

群馬県伊香保温泉 岸権旅館に泊まってきました。口コミがいい旅館ですよね。

利用した感想など書いてみました。


 

岸権旅館のおもてなしはGOODでした

旅館に着いたら名前を言ってチェックイン手続きへ。


おおお。なんだか豪華なたたずまい。。。

旅館の方がお出迎えしてくれました。

 

フロントの奥のラウンジに行き、お茶と、温泉饅頭をいただきながらチェックインの手続きを。

ラウンジはこんな感じ


こちらもなんだか豪華。いつも安いホテルにしか止まらないのでビビってしまいました(^。^;)

ここからの景色も綺麗でした。

 

ここではとても親切な接客でホスピタリティを感じました。

いつも旅行はやっすーい所しか止まらないので、老舗は違うなって感じ。

 

館内の案内や、お風呂の説明を聞きお部屋へ。

中居さんがお部屋まで来てくれて部屋の設備の説明をしてくれました。

浴衣の場所やら、外に見える山の名前だったり(なんて名前かは忘れましたが)

安いホテルや海外だと鍵渡されるだけなのでここでもホスピタリティを感じました。
こんなことまでしてくれるんですね。

 

階段街までのアクセスは超GOOD!

石段街の途中に旅館があるので、フロントを出て少し歩けば石段街に行けます。

石段街に出たところは足湯『辰の湯』が。

 

旅館の出入り口には宿泊者用のタオルがあるのでそれを使えます。

石段街の途中に旅館があるので便利ですが、一番下から登りたかったので一回降りて、からまた登りました(笑)

帰りは石段街の途中に旅館があるので下まで降りなくていいので楽でした。

 

足湯。。。汚い足ですみません。

 


 

部屋からの景色はとても良かったです

部屋はスタンダード和室10畳

部屋からの景色はこんな感じ。

 

 

窓一面山の景色で、とても綺麗でした。

天気がよかったのでずっと眺めていられます。
季節によって景色が全然変わりそなので別シーズンも気になります。

泊まる部屋によって景色が変わるので確認しておくことをお勧めします。

 

お部屋には座敷テーブル
椅子が2脚にそれ用のテーブルが1つ。

広さは10畳の部屋プラス
お手洗い
洗面所
お風呂
と行ったところ。

 

布団を引いた後は部屋のスペースが狭くなるので、お酒飲んだりしましたがやや窮屈に感じました。
旅館だとそんなもんか。

お風呂は洗い場にヒノキ?のすのこがあり、バスタブはプラスチックって言うんですか?普通の家にある感じのやつでだったし、広くもないので部屋のお風呂は使わず。
温泉あるし。

お手洗いはウォシュレット付き。

和室だけではなくてベッドの部屋などもあるようです。

 

 

気になったことは・・・

旅館だと普通なのだと思いますが、
鍵がリアルな鍵だった事かな。

部屋の鍵はリアルな鍵に、部屋番号が書いてあるながーいキーホルダーが付いた昔ながらのタイプ。

 

旅館って初めて泊まったのでわかりませんが、旅行のホテルはカードキーの所に泊まる事がほとんどだったので、物理的に鍵があると邪魔に感じてしまいました。

貴重品入れる金庫の鍵も同じタイプ

電気キーのタイプしか使ったことありませんでした。

でもこの鍵が旅館の味だったりしますね。

 

部屋には浴衣があったので着替えてそのまま階段街に行きました。

 

 

 

温泉は最高

温泉は3種類のほか貸切できる温泉が2つ。

 

それぞれのお風呂にはフェイスタオルサイズのタオルが置いてあるので、それで身体を拭いてしまえばバスタオルいりません。

『バスタオル必要だったら部屋に置いてあるのでそれを持っていって』と最初の案内の時に言われましたが、必要ありませんでした。

 

入ったお風呂はどれも適度にぬるかったので(いい意味です)ながーく入れる感じの温度で心地よかったです。

 

離れにある露天風呂『権左衛門の湯』
は、B1フロアから外に出てすぐのところにある露天風呂。

夜に入りましたがライトアップされていて、景色が綺麗。

昼間に入ったらまた違った景色を楽しめそうでしたが行くチャンスありませんでした。残念。

 

浴槽はそんなに大きくなく、洗い場もないし、シャンプーなども使えないので温泉に浸かりながら景色を楽む感じ。とても気持ちよかったです。

でもここで気になった点が1つ。

男性更衣室の扉を開けるとすぐ待合室のようなスペースになっているので、着替え中の人がいると外に裸が見えそうになります。
長いのれんみたいなのもありましたが、あまり隠すのには役に立っていません。

普通更衣室に行く間に、通路が折れて外から見えないようになっていたりしますがそれがなかったのが気になりました。

まぁ自分的に裸を見られるのは気にならないのですが(笑)
見せられた方が嫌になりますよね。

 

展望露天風呂『六左衛門の湯』は館内にある展望露天風呂

泊まっている棟からの道順がややこしかったです。

1階から道案内に沿って、ながーい廊下を進み別の棟に。
そこからエレベーターに乗って3階に上がり(女性は4階だったかな?)そこにお風呂があります。

6階のお部屋に泊まっていたので、

エレベーターで1階に降りる
長い廊下進み別の棟へ
エレベーターで1階から3階に上がる

ってドラクエ的なフロア移動がありました。

 

お風呂は露天風呂になっているところと室内のお風呂、洗い場もあり。

展望露天風呂、気持ちよかったですが、そこからの景色がイマイチだったかも。
って友人と話していました。

露天ですが目の前がものすごく広々としている感じではなく建物あったりでした。
それでも気持ちよかったです。
夜と朝と2度入りました。

 

大浴場の『又左衛門の湯』は行くチャンスがありませんでしたが、写真で見る限り広々としているのでここも気持ちよさそうです。

トータルで見ると温泉は適度な温度で長く浸かれる感じだし、景色も見れたので気持ちよく利用できました。
タオルも備え付けだし。

 

 

お料理は・・・

今回の旅行は料理付きの宿泊プランにしました。

料理の記事は別に書いたので、こちらを↓↓
伊香保温泉 岸権旅館の食事に大満足!!

御食事処での食事はとても美味しかったです。

朝食ビュッフェのプランもあるようですがそちらは利用していないのでわかりません。

 

 

駐車場がややわかりづらいかも

旅館までのアクセスは。
車でのアクセスは、グーグルマップに従って向かい、旅館の近くに行ったら道案内が出ていたのでそれに従って行くと、旅館の入り口まで行けます。

 

階段街を登って行くような形になるので結構急な坂を登ります。
車高が低い車や、パワーが弱い車は注意かも。
あと悪天候の時も。

旅館に着いたら車をキーごと預けて、別の駐車場に止めて置いてもらえます。

初めからそっちに止めてもいいようですが、場所がわかりづらかったので、旅館まで行っちゃった方が楽かと。

 

帰りはフロントから坂の下の駐車場まで送迎が。
5分くらいで着きました。

伊香保小学校の隣が旅館の駐車場だったので、ナビを設定するときは『伊香保小学校』を目的地にするとわかりやすそうです。

そこから旅館に連絡すれば送迎してくれるようです。

 

 

また来たいと思う旅館でした

泊まった感想は以上のような感じでした。

 

岸権旅館、おもてなしがよくて、立地もいいし、温泉も最高。
食事も美味しいし、景色も良くて。

トータルで考えるとまた泊まり来にたいと思う旅館でした。

コメントを残す